スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ 引っ越します

弊社のデジタル部門がブログを作ってくれました!
というわけで新しいところに引っ越します。
少し落ち着きましたので、そろそろブログを再開したいと思っています。


  http://blog.stevejobs.kodansha.co.jp/


よろしくお願いいたします! 
スポンサーサイト

皆様のおかげです!


皆様のおかげで、「スティーブ・ジョブズ」大きな反響をいただいております。
ありがとうございます!

そのおかげというか、私どもの怠慢というか・・・・、
このページもしばらく更新できずにおりましたが、
あまり更新しないままでいるのも何ですので、
弊社デジタル部門と相談の上、
同部門で運営している、フェイスブックのサイトに「引っ越し」をしようと検討中です。

詳細が決まりましたらあらためてこのページにて告知したいと思います。

なお、今回の件では、読者・書店の皆様から多くの御意見を頂きました。
真摯に耳を傾けつつ、今後の書籍作りの参考にして参りたいと
考えております。

                             講談社 学芸図書出版部 翻訳グループ



いよいよ、明日10/24、1巻発売開始です。

10/23朝の日テレさん「シューイチ」で10分あまりにわたって、本書を中心におとりあげいただきました。

ありがとうございました!

いよいよ、明日発売。

今日の夕方には、17:30~フジテレビさん「スーパーニュース」でもおとりあげいただけるかもしれません。

また、朝日新聞さんの今朝の朝刊三面で大きな囲み記事も掲載されました。ぜひご覧くださいね。

またまた、本日20時より、現代ビジネス×ニコ生 「IT革命児 スティーブ・ジョブズとは何者だったのか!?」ニコ生さんで配信予定。

現代ビジネス×ニコ生共催イベント

こちらもぜひ!

スティーブ・ジョブズ 上巻 校了に近づきました

みなさまのおかげで、発売前からリアル・ネット書店さんで予約殺到の
公式評伝「スティーブ・ジョブズ」。

1巻、2巻とも「え、こんなに」というほどの初版部数でしたが、それでも足りずに
発売前の重版も決定いたしました。
こんなことは書籍担当者になってから初めてです。
あらためまして皆様に御礼を申し上げます。

 日本語の原稿を読み進めるにつれ、
ジョブズさんがいかに「モノ作り」を愛し、情熱を傾けていたかを
あらためて深く知りました。
 自分が満足するまでは決して「OK」を出さず、
「宇宙に衝撃を与える凄いモノを作ろうぜ」と常にスタッフたちを鼓舞し、
(場合によっては脅しつけ?)素晴らしい製品を次々と世に送り出してきました。


それだけに、この作品も
ギリギリまで粘って、いい本にしようと思っています。

すでに「朝まで生進行」が1週間近く続いていますが、
天国のジョブズさんに「おいおい、もっとちゃんとしたものにしてくれよ」
と怒られないように、きちんとした邦訳書にしたいと思っています。

おっと印刷所から「下巻の再校がもうすぐ出ます」と連絡が入りました。

業務に戻りまーす。






公式伝記「スティーブ・ジョブズ」発売変更いたします

「ジョブズ氏に最後のお別れを言うために、親戚がパロアルトに集まっている」

米国の代理人から編集部に連絡が入ったのは、昨日5日の早朝でした。
訃報がCNNに流れたのはそれから24時間足らず。

「著者および、各国出版社と協議の結果、
 公式伝記『スティーブ・ジョブズ』は10月24日に緊急出版することになった」

これが代理人側の話でした。
予定されていた11月21日から発売日が1ヵ月近く早まったことになります。

つきましては、日本語版の発売については、
第1巻(上巻)・・・・・・・・・・・・10月24日
第2巻(下巻)・・・・・・・・・・・・11月1日   とさせていただくことになりました。

時期は大幅に早まりましたが、きちんとした邦訳にすべく
現在訳者とともに急ピッチで作業を進めております。

非常にタイトな進行ですが、
もしもジョブズ氏が上司だったなら、きっとこう言って激励(叱咤?)されたでしょう。

「大丈夫だ。君ならできるよ。絶対に間に合わせるんだ」

・・・・・・・引き続き頑張ります。                (編集部)


プロフィール

Author:SteveJobsBook
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。